石川県の平屋住宅専門サイト赤シャツアドバイザー高嶋圭が教える平屋住宅のあれこれ

平屋とロフトの相性は抜群です。理由と注意点を紹介します。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。
石川県小松市 いろはに平屋
タカシマ です。

今回は平屋と相性の良いロフトについて解説します。平屋は2階がありません。(当たり前ですが・・・笑)居室部分の上部は屋根になります。その屋根裏部分を有効活用できるポイントは平屋の大きなメリットです。

ロフトに利用する、勾配天井や吹抜けに利用する、屋根裏収納に利用する。色々な用途で活用する事が可能です。

今回は、その中でも「ロフト」に注目して紹介します。

・平屋にロフトを作るメリット

・平屋にロフトを作るデメリット

・ロフトが活躍する場所を紹介します。

このような内容の記事になります。

これから平屋を検討する方や、平屋の間取りを作成中の方には参考になる内容です。

 

平屋とロフトの相性は抜群です。その理由と注意点を紹介します。

平屋とロフトの相性は抜群です。平屋は2階が無いので小屋裏を有効利用できます。

小屋裏とは、この部分の事をいいます。

居室の天井と屋根との間にできるスペース。平屋は2階が無く、屋根のかけ方によっては小屋裏スペースを広く確保する事が可能です。その小屋裏スペースを利用してロフトを作ると、部屋や収納が広くなる効果が期待できます。

まずは、平屋にロフトをつくるメリットを紹介します。

 

平屋にロフトを作るメリットを紹介します。

・固定資産税を抑えながら収納を確保できる。

ロフトを頭の中にイメージして下さい。天井高は低いロフトが多くありませんか?ロフトの天井高を低くするには理由があります。

天井高が1.4m以下のロフトであれば、階数に参入する必要がありませんし、延床面積にも加算されません。

その結果、固定資産税も抑える事が可能です。平屋は小屋裏スペースが多く、1.4m以下のロフトを作るスペースも多く確保できると思います。実際の床面積に+αのスペースがあると嬉しいですよね。

 

・ロフトは収納以外にも利用できる。

ロフトは収納以外にも利用できます。アイディア次第で色々な使い方ができます。

子供部屋にロフトをつくり、ベットスペースに利用したり。寝室やホールからのロフトでは、書斎に利用したり。リビングにロフトを作って、子供達が遊ぶスペースに利用したり。

収納以外でも、色々なシーンで活用できます。工夫次第では、あなたのライフスタイルを充実させてくれるスペースになりますよ!

 

・収納力は抜群です

平屋は2階建てに比べて、どうしても部屋の数が少なくなります。その結果、削られやすい部分が「収納」になります。部屋数が少なくなっても、2階でも、平屋でも住む家族人数は同じですしね。必要な居室の確保は必要になります。

その収納力をカバーする為にも、ロフトは大活躍してくれます。細かい収納から、大きな季節物など。色々なアイテムを収納する事が可能になります。

2階建てと同じぐらいの収納量を確保する事が可能です。

 

平屋でロフトを作るデメリットは!?

逆に、平屋にロフトをつくるデメリットを確認してみましょう。

 

・夏は暑い

ロフトは屋根に限りなく近いスペース。夏は、やっぱり暑い。汗

夏の熱対策をしないと、暑くて使わないロフトになる可能性もあります。断熱、遮熱性能を検討する。小窓や換気扇を作って換気する。色々と対応できる方法があります。

思ったよりも暑い。って、感じると思います。熱対策は必ず検討しておきましょう。

 

・天井が低くて使えないスペースも。

天井が1.4mどころか・・・。全く高さの取れない場所もあります。

 

このように屋根の端部分は高さが取れない場合も。ロフトを作りたい部屋は屋根のかけ方や、屋根の高さも確認しながら間取りを作成する必要があります。

 

・階段の登り降りが面倒

ロフトは天井より高い位置になります。ロフトに行く為には階段の登り降りが必須。その階段ですがハシゴタイプが一般的です。さらに勾配が急になるんですね。緩い勾配にするとハシゴや、階段が邪魔になります。

急勾配のハシゴに、物を持って登り降りするって結構に大変です。上り降りが億劫になって、ロフトを使わなくなった・・・。このような事にならないように、最初にしっかりとロフトは必要なのか?検討する事が大事ですよね。

 

ロフトが活躍する場所を紹介します。

そんなロフトですが、過去に施工した場所を紹介します。

先ほども触れましたが、収納以外でも使えるスペースがロフトです。ライフスタイルや、アイディア次第では、本当に便利に使えるスペースになります。

これからロフトを検討している方には参考にして下さいね。

 

リビングでロフトを利用する

リビングにロフトを設置した平屋の施工事例になります。

旦那さんの書斎にも使えますし、子供達が遊ぶスペースにも使えます。今回は書斎をメインに使う計画で作りました。

家族の気配を感じながら趣味の時間を過ごしたり、仕事で使う場合には、家族が寝てから寝室から離れたLDKを使って、光や音を気にしないでガリガリと仕事ができます。

LDKは家の中でも広いスペースです。ハシゴもあまり気にならない可能性もありますね。

 

子供部屋でロフトを利用する

子供部屋にロフトをつくる。

平屋は部屋を広くしたいり、部屋の数を多く作ると家が大きくなります。なので、部屋の広さは少し狭いケースも。

そんな時に活躍する子供部屋のロフト。収納上部に設置する事が多いんですが、ベットスペース、または、勉強するスペースに利用できます。子供部屋が少し狭くてもロフトでカバーできる部分が多い部屋。それが、子供部屋になります。

 

収納スペースでロフトを利用する

もちろん収納スペースとしても大活躍します。ロフトが作れそうなスペースがあれば、まずは収納として検討するのがセオリーだと思います。やはり2階が無いので収納の広さや、収納を作るスペースは限られる事があります。

収納スペースが足りないと、物が片付かなく、使いにくい家になります。やっぱり収納は大事ですよね!

 

最後に

今回は平屋との相性が抜群のロフトを紹介しました。

収納以外にも、ライフスタイルやアイディア次第で色々な使い方で可能です。平屋を検討している方は小屋裏を有効活用する事で、さらに使いやすい平屋になります。

収納や、書斎、キッズスペース。色々な用途で活用する事が可能です。

平屋を検討している方は、良かったら参考にして下さいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

最新記事 - New Posts -

新しい記事はありません