石川県の平屋住宅専門サイト赤シャツアドバイザー高嶋圭が教える平屋住宅のあれこれ

新築で平屋を検討しています。費用はどのくらいかかるの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。
石川県小松市、能美市、加賀市 平屋住宅専門店
いろはに平屋 タカシマ です。

 

平屋に興味はあるけど・・・
費用が高くなるって聞いたんですが・・・
このような質問をよく頂きます。

 

平屋を建てようと思ったら費用はいくら必要なのか?
2階建てと比べて費用はいくら違うのか?
平屋を建てる時に気になるコストを解説します。

 

・平屋の相場

・平屋と2階建ての比較

・平屋の予算を抑える工夫

このような内容の記事になります。
これから平屋を検討する方には参考になる内容です。

 

新築で平屋を検討しています。費用はどのくらいかかるの?

新築で平屋を検討した場合の費用はいくら必要なのか?
僕が平屋のお手伝いをしてきた経験から費用の
相場を紹介します。

 

平屋を建てる相場

平屋を建てる相場です。

25坪~30坪クラスの平屋
1500万円~2000万円が目安になります。

 

少し大きな平屋。
これから子育てを始める家族。
4~5人家族の家族の人数が多い。
このような場合です。

35坪~40坪クラスになると
2000万円~2500万円が予算の目安になります。

この金額が平屋を建てる1つの目安になります。
当然ですが、建築会社の標準坪単価や、標準仕様によって
金額は変動します。

 

1つの目安として参考にして下さいね。

 

大きさでコストは大きく変動します

平屋は高くなる・・・
基礎は大きくなるし、屋根も大きくなる。
その部分コストアップになります。

 

でも、それ以上にコストアップする項目。
それは「建物の大きさ」です。

 

2階建てにも言える事ですが、住宅を建築する時には
建物のボリュームで一番予算が変動します。
まずは、建物の大きさと予算のバランスから検討を
始める事をオススメします。

 

平屋と2階建てとの比較

平屋と2階建てを比べると費用的には?
実際には高くなるのか?
同じ30坪の住宅だと平屋の方が高くなります。
なぜ平屋は高くなるのか?
その部分を解説します。

 

平屋が高くなる理由

まずは、同じ面積で比較します。
・平屋で30坪の家を建てた場合。
・2階建ての30坪を建てた場合です。

同じ30坪でも2階建ての方は基礎が15坪です。
それに比べて平屋の方は倍の30坪の基礎が必要になります。
2階建てに比べて平屋の方は、基礎が倍になる分だけ
コストアップにつながります。

 

そして、もう1つコストアップになる部分。
それは屋根の大きさです。

2階建ては屋根面積が約15坪に比べて、平屋の方は
倍の30坪!!
屋根の面積も2階建てに比べると面積が大きくなり
コストアップにつながります。

 

やっぱり・・・
平屋は高くなるじゃん・・・

 

高くなる部分もあります。
しかし、2階建てに比べてコストダウンする部分もあります。
コストダウンについても説明します。

 

コストが下がる部分もあります

2階建てには必要だけど、平屋には必要がない。
そんな部分もあります。

 

・階段
階段は平屋には必要ありません。
階段とセットになる、階段部分の面積も必要ありません。
この2つで約4~5畳の坪数が減ります。
建物の大きさをコンパクトに出来るうえに、階段部材の
コストも削減する事が可能です。

 

・2階トイレ
平屋には当然ですが2階はありません。
2階が無いので、トイレも必要ありません。
平屋の場合には、家の中心部にトイレを設置する事で
LDKからも個室からも程よい距離でトイレを設置する
事が可能です。

 

平屋の費用を将来的に考える

短期的なコストダウンは、トイレ、階段。
これが主な部分になります。

 

しかし、家は建てて終わりではありません。
その家で生活していきます。

そして、35年後。
住宅ローンが終わり、自分の財産になる時が
家づくりのゴールです。

 

その間にお金が必要な部分があります。
それは、維持修繕。
定期的なメンテナンスをする事で家は長持ちします。

 

外壁のメンテナンス

 

一番最初に大きなお金が必要になるメンテナンス。
それは外壁の修繕です。

 

外壁は一番過酷な状況にあります。
夏は太陽の紫外線。雨や風。
冬になると雪や凍害。
このような理由で劣化が早い部分です。
劣化したまま放っておくと雨漏りの原因になります。

 

外壁のメンテナンスには足場が必要になります。
平屋の場合には2階が無いので、足場を組む面積も
少なくなりコストダウンになります。

 

外壁の補修や張替えに関しても、2階が無いので外壁の
面積も少ないので、補修は張替えの金額が下がります。

 

このように外壁のメンテナンスは2階建てに比べて
コストダウンになります。

 

 

老後の住環境

リフォームの相談依頼の多くは定年を迎えた夫婦からの
依頼が多いです。

 

一番多い相談は水まわりのリフォーム。
特にお風呂は冬は寒いし命の危険もあります。

そして、もう1つ。
2階は使わないから小さい家を作りたい。

 

こんな要望が本当に多いんです。
子育て世代と、老後を豊かに過ごす家の考え方は
全く違います。
でも、その先も見据えながら家づくりを検討する事で
老後に家に手を入れるお金が必要ない。
そのお金で老後を豊かに暮らす事ができるんじゃ??
って、僕は思います。

 

最後に

目先の事を考えると平屋は確かに割高に感じます。
でも、子育てが終わり、夫婦二人だけの暮らしは
確実にやってきます。

 

将来も見据えながら、賢く家づくりを検討する。
そんな意識って僕は大事だと思います。
その選択肢の1つが平屋かもしれません。

 

少しでも平屋に興味を持ったら気軽に相談して下さいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

最新記事 - New Posts -

新しい記事はありません